町田高ヶ坂サッカークラブ活動日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

U12結果|11ブロック前期リーグ戦<第5節・第6節>

5月10日(日)11ブロックU12前期リーグ
会場:南多摩スポーツ広場
形式:8人制15分ハーフ

第5節 高ヶ坂SC 0−0 ムスタングFC(多摩市)

第6節 高ヶ坂SC 2−1 北貝取SC(多摩市)

11ブロックU12リーグ前期(5/10更新)


試合前からチームに活気がない。
表情が重い、暑さにストレスを感じているのは明らかでチームにPASSIONが全く感じられない。
想定内の出来事を起こすため、子どもたちのペースに合わせて任せる。
案の定、アップ中に小競り合いの喧嘩、金魚の糞のように誰かに付いて行動する、何も発信せず仲間に対してイライラする子どもたち。それは到底「選手」とは呼べない立ち振舞。
彼らは一体ココへ何をしに集まったんだろう??
勝点6を取りに来ているのは自分だけなのかと孤独感すら感じた。。
無論、チームの意識が徹底できていないため、試合の「隠された勝負所」を見つけられず迷走、、、
ピッチ外の準備(口動・考動)が当たり前のようにピッチ上でしっぺ返しを食らうことになる。
カウンターを受けても対応できるように準備しなければいけないところで、その意識が薄いからやられている。
これは何度も言い続けていること。
ボールの失い方の問題ではない、個々の認識の問題(責任)。
また厳しく言っていかないといけないと感じつつも、まだ言わないとダメなのかと、、、
言われるとできるけど、自分からは何も行動を起こさない・起こせない。
そんな選手が試合の中で活躍できるわけがない。
試合の中では選手自身が自分で判断して動ける力が試される、それが試合。
自分の大好きなサッカーをもっと大切に考えて、本質から目を逸らさないで欲しい。

| 6年生(31期) | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kogasakasc.jp/tb.php/539-1fefc930

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT